コーチングに関する調査とデータ

コーチングとは?

コーチングとは、行動中心のアプローチを用い、個人に合わせてパーソナライズされたリーダーシップ開発手法です。コーチングを受ける人と二人三脚で、自己認識力を高め、洞察力を磨き、会社でのパフォーマンスに影響する長期的な思考や行動の変化につながるハイレベルな考え方ができるようにサポートします。コーチは質問やツール、フレームワーク、様々なコンテンツなどを使い、一人一人に合わせた学習体験を作り出します。

誰にでもコーチが必要です。バスケットボール選手であろうが、テニスプレイヤーだろうが、新体操選手であろうが、ブリッジだろうが関係ありません。
- ビル・ゲイツ

なぜコーチングが必要なのか?

「安定した仕事」を見つけることが重要な時代は終わり、現在はキャリアアップやワークライフバナンス、継続的な指導が重視されています。

ミレニアル世代の87%以上がキャリアの向上やワークライフバランス、そして継続的な指導が、仕事をする上で欠かせないと感じています。

85%の社員が仕事に意欲を感じられていない

多くの社員が会社に自己成長、リーダーシップ、方向性を求めています。コーチはパーソナライズされたアプローチを用い、相手を深く理解することによりパフォーマンス向上を促します。ミレニアム世代のニーズを満たすためには、学習および開発プログラムは個人に合わせてカスタマイズされ、興味が持てる内容であり、継続的なフィードバックを提供する必要があります。

コーチングは離職率を下げ、モチベーションを上げる

調査では、正式にメンター制度を導入している組織では、そうでない組織と比較して離職率が20%低く、リーダーシップの質は46%高く、ポジションが23%早く埋まることがわかっています。社員にキャリアパスを用意する以上に、キャリアコーチをつけることが会社にとってプラスとなるのです。

誰もがリーダーになれる

2019年のデロイトのヒューマン・キャピタル・トレンドによると、HRリーダーの80%がこれまでとは異なるやり方で経営者を育成する必要性を感じると回答しました。世界中の85%以上の社員が仕事に意欲が持てておらず、ある調査では「自らが学び、成長することができない」ことが離職の最大の理由として挙げられました。

パーソナライズされたコーチングは幅広いレベルで(まだリーダーになる前の段階でも)社員をトレーニングする道筋を示すことができます。マネージャーになりたての人の多くが、チームメイト間の問題を仲裁したり、社員のモチベーションアップや評価、チームをサポートするためのリソース探しなど、多くの壁にぶつかります。コーチなら新任マネージャーが抱えるこれらの課題解決を中立的なパートナーとして支えることができます。

チームにコーチングが必要ですか?

お問い合わせください