〜人事部とビジネスリーダー向け〜 コロナウィルスへの対処法

コロナウイルスの現状についてのそれぞれの見解、及び日本企業のコロナウイルスへの対処法について、各講演者が10分ずつプレゼンを行ないました。プレゼン後、質疑応答の時間が20〜30分ほどあります。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

ウェビナーの講演者との1時間のコーチングセッションを、無料にて提供しております

無料のコーチングセッションでは、戦略の活用方法、危機的状況下でのチームとの接し方、モチベーションの維持など、自由にトピックを選択できます。

コーチからの助言は的確で、耳の痛い指摘をされることもあるかもしれません。しかしその手厳しく正直な意見は、みなさまの成長に必ず役立つものとなります。

コーチングとは?

コーチングとは、行動中心のアプローチを用い、個人に合わせてパーソナライズされたリーダーシップ開発手法です。コーチングを受ける人と二人三脚で、自己認識力を高め、洞察力を磨き、会社でのパフォーマンスに影響する長期的な思考や行動の変化につながるハイレベルな考え方ができるようにサポートします。コーチは質問やツール、フレームワーク、様々なコンテンツなどを使い、一人一人に合わせた学習体験を作り出します。

Nobuaki Yasunaga

5/5

President/代表, ROOTS Mobility Japan。前職はUber Japan株式会社政府渉外・公共政策部長/事業戦略部長、及びCouncil Leader for US-Japan relationsのガバメントリレーション・リーダー。

Hirokazu Sampei

5/5

前職はDocusignの副社長、及びA10ネットワークスのエグゼクティブ。

Tomo Tojo

5/5

人材・組織開発マネージャー。前職はテスラの日本法人人事責任者、ジョンソン&ジョンソン、クリテオのHRBP。

セッションは弊社の安全なプラットフォームを通して行われ、その内容はすべて機密情報扱いとなります。

登録完了後、各講演者のプロフィール画面からコーチングセッションの日程を選択できます(画面トップの『無料コンサルティング(FREE CONSULTATION)』から行うことができます)。

 

以下の情報もご参考いただければ
幸いです。